前へ
次へ

医療事務の仕事内容と必要な資格について

医療事務の仕事は特に女性に高い人気があります。
代表的な仕事内容は、診察の受付や会計、診療報酬請求です。
クリニックや病院に来院した患者さんの診察を受け付けて、問診票を作成してもらったり病気の症状や病歴、薬の服用歴などを確認するのが仕事です。
また、近年では保険証や問診票の内容を医事コンピューターに入力してカルテを作成する仕事もあります。
診察が終わったら会計を行い、診療内容も医事コンピューターに入力します。
患者さんが支払う費用以外は医療保険になりますので、月に1回まとめて診療報酬請求を行います。
この際に作成する明細がレセプトで、ミスなくレセプトを提出することも重要な仕事です。
医療事務の仕事に就くにあたり、必ず必要とされる免許や資格はありません。
ただ、採用する側としては専門知識があり、即戦力になる経験者が欲しいのは当然です。
資格を持っているということは、勉強して知識を習得していることの証拠になりますので、採用にあたっては評価が高くなるポイントです。
もちろん患者さんと直接対峙するポジションなので、採用には人柄やコミュニケーションスキルが重視されますが、学習する意義は十分にあります。
未経験はOKでも、勉強していない人をゼロから教える時間的余裕はないため、採用を避ける職場もあります。
医療事務の体系的な知識を勉強しておくことは決して無駄にはなりませんので、資格にも是非トライしておきましょう。

Page Top