前へ
次へ

高齢化社会と医療の結びつきについて

近年日本は益々高齢化が進んでいる状況です。
少子化と合わせて高齢化が進むことにより、医師不足に悩まされることは、将来間違いありません。
少子化の影響で医師になる人が少なくなることはもちろんのこと、高齢者が増えるということは、医療を受けたい方が多くなるということです。
高齢者になれば、身体のどこかしら悪いところが出てきて、病院に行く機会が、確実に若者より多くなります。
そんな時に医師不足になると、受けたい医療行為を受けれない方がたくさん出てきてしまうという問題が発生してしまいます。
中には病院自体がなくなり、その地域に住めなくなるという方まで、出てきてしまう恐れだってあります。
この問題を解決するには、医師や看護師などの医療関係者を増やしていく必要があります。
医師や看護師になるのにお金がかかるので、学費の免除や待遇をもっと良くするなどの対策うち、医療関係者をどんどん増やしていかなければ、将来の日本が危ないです。

Page Top