前へ
次へ

医療とは人が生きていく上で大切なことです

医療とは、医術や医薬などで病気や怪我を治す行為であり、人が生きていか上で、とても大切なこととなっています。
医者や看護師などがその行為に携わっており、医者や看護師は国家資格とての資格を取ることによって、医療行為を行うことが出来ます。
今の日本の問題としては、医師や看護師不足に悩まされているということです。
都会の方に医者や看護師が集中し、田舎の方では、医師や看護師不足に悩まされ、わざわざ遠くの病院まで通うという方も多くいらっしゃいます。
特に高齢者の方は、移動するだけでも、大きな労力を使いますので、やむなく引っ越しする方なども出てきて、過疎化が進む原因となっています。
もちろん病院もない地域に若者が住むわけもなく、過疎化がどんどん進行していってしまいます。
医療関係者不足ということは、こういった過疎化などの大きな社会問題にも繋がっていっています。
その為には、医師や看護師を増やし、全国に均等にいるような仕組みが大切です。

Page Top